フジコ・ヘミングの年齢とか本名、ハーフで国籍は?耳(聴力)がない?子供は?徹子の部屋

いやぁ、ちょっと間が空いてしまいましたね

現実という地獄にカリカリしすぎて最近まゆ毛がなくなってきたました、私です

今回はフジコ・ヘミング さんという方を紹介します、黒柳徹子さんの部屋に出るみたいなのでね

そういえば徹子さんのテレビ出演記録のギネスってまだ継続中なのかな?

あとヘミングって聞いてヘミングウェイがぽっと出てきた方が居るかもですけどヘミングウェイとは無関係ですよ、フレミング?この理系さんめ(◉◞౪◟◉)

実はヘミングウェイって本名、アーネスト・ヘミングウェイっていうアメリカの小説家なんです

「老人と海」が有名かなー

と脱線しましたね、では徹子の部屋に出演するフジコ・ヘミングさんがどんな方なのか見ていきましょう!

フジコ・ヘミング

昭和から平成を駆け抜けた人物の一人

色々名言もあり趣味もおおい人ですね、趣味が多いのは脳をたくさん使うためボケ防止にもなるしいいね(●´ω`●)

ちなみにフジコさんの趣味は絵画、裁縫、読書、水泳にバレエや映画の鑑賞

絵に至ってはCDジャケットに使うほどうまい、しかも本にものってるらしいし前には個展までやったらしい

つか私の家族も趣味なんか見つけんとな、私も含めて

人物としては犬猫好きの愛煙家でベジタリアンのクリスチャン、特に好きなのはジャガイモだそう

ジャガイモは自分でポテトフライにするのが一番好きかなぁ、私は

名言というか語録の一部は

壊れそうな鐘があったっていいじゃない、機械じゃないんだからってやつとか

一つ一つの音に色をつけるように弾いているでしょうか

鐘の部分は人間に置き換えればわかりやすいですかね

機械みたいにはなりたくはないですね(´・ω・`)

フジコ・ヘミングの年齢は?

昭和7年12月5日生まれの84歳

1932年からの人生ですけど第2次世界大戦が1939年から始まってますからいきなり厳しいですね・・・。

しっかしまぁたかが100年でよくここまで世界と技術が変化するもんですね、あと50年後にはどこでもドアとかあるかな(笑)

フジコ・ヘミングはハーフで本名や国籍は?

フジコってついてるんで日本人とのハーフ、どうやら母が日本人で父がスウェーデン人みたいです

本名もゲオルギー=ヘミング・イングリッド・フジコ

となかなかカッコいい(こなみ)

なんですが生まれはベルリン

ドイツです、そのあと日本に移住しましたがなんと父親が帰国(スウェーデンに)

その後は母が頑張ってたんですが23歳頃ぐらいまで無国籍でした

東京芸術大学や青山学院を出ていたのにまさかのって感じ

駐日ドイツ大使の助力とかでこの後留学、ヨーロッパ各地で音楽活動してたらスウェーデン国籍を手に入れたみたいです

でも生活面は母が難治化してたみたいです、父親どこ行った

ちなみに母は関西の方らしいですね、母の影響でたまに関西弁が出るらしいので

フジコ・ヘミンは耳(聴力)がない?

なんと16歳の時中耳炎の悪化で右耳の聴力を失うという致命的な出来事にあってます、普通はすぐ直るもんですが貧しさからくるお金不足の結果みたいです

しかもヨーロッパでのピアニスト時代のコンサート前に風邪をこじらせ左耳の聴力も失います、こっちも貧しさのせいで真冬に暖房無し生活してたのが原因だそう

酷い(´・ω・`)

でも現在、左耳は40%回復しているそうです

フジコ・ヘミングの子供は?

いません

若いときに相当苦労したうえ貧しさとの闘いでそなんなひまはなかったんでしょう

今は犬猫に愛情をたくさん注いでいるみたいです

最後に

今回も見ていただきありがとうございました!

フジコ・ヘミングさんはミスタッチが多くクラシック好きからは叩かれることもありますが音楽家の音楽は一人ひとり違うと思うので私はあんまり否定する気にはならないですね

特に何らかのダメージとか特殊な生い立ちだったりする人の音楽は変わってることも多いですから

色々認めながら緩ーく行きたいなぁ

では次は石田泰尚さんをご紹介させていただきます!

できました!

スポンサーリンク







この記事が気になったらシェアをお願いします、更新の励みになります。

フォローする