芳村真理が西城秀樹と再会、過去に発症した二人の病気と症状って?(中居正広の金曜日のスマイルたちへ)

今回は

中居正広の金曜日のスマイルたちへ

にて芳村真理さんが30年ぶりに西城 秀樹(さいじょう ひでき)さんと再会します

ここで二人は病気のことについて明かしますのでそのことについて先取りしてきました

では見ていきましょう

芳村真理さんについては過去にとり上げましたのでこちらから
ただ病気のことについては今回が初めての紹介なので読み終わった後に飛ぶことをお勧めします
スポンサードリンク

西城 秀樹(さいじょう ひでき)

本名は木本 龍雄(きもと たつお)

1955年4月13日現在62歳
身長181cm

既婚で2001年6月30日に結婚

娘さんと息子さんがいます

今ちょうど二人とも中学生くらいかな

オリコン常連者で

ロックヴォーカリスト先駆者

でもあります

スーツ姿で直立不動の歌手たちが多かった当時の日本のロックヴォーカリストたちにとってロックと距離感の近い楽曲を激しいアクションで歌う彼はとんでもない刺激になり

音楽のめざめとして路線変更する方も多かったとか

第15回日本レコード大賞も取りましたが紅白には警戒されて出場が翌年まで持ち越された経験なんかもあります

スポーツマンとしても有名で小学校の時は柔道

学生時代の部活動は水泳部

あの8時だョ!全員集合では運動コーナーでは大活躍

スキューバダイビング、ゴルフ、サーフィンもこなしていました

ちなみに広島東洋カープのファン

スポンサードリンク

芳村真理の病気

それはズバリ

動脈瘤(どうみゃくりゅう)

動脈は酸素を多く含んだ血液を、脳や肝臓といった臓器、筋肉や皮膚といった組織に送る役割をしています

全身の管とでも言えばいいですか

動脈瘤とはその動脈が風船のように膨らんでしまうことを言います

いったん膨らんだ動脈は薬などで縮む可能性はなく、血圧を十分コントロールしておかないとますます大きくなるというもの

  • 動脈瘤を持っていることで最も恐ろしい出来事は破裂です。
  • 膨み過ぎた風船が破裂するように、動脈の壁が割れて血液が外に出てしまいます。
  • 胸部や腹部の大動脈瘤では、一気に血液が外に出てしまえば意識がなくなり心臓も呼吸も止まってしまいますが、じわじわと漏れ出る場合は胸や背中の痛み、腹や腰の痛み、気分が悪いなどの症状が出ます。
  • 次に怖いことは動脈解離血栓塞栓症です
  • 。解離は血管壁に血液が流入することで起こりますが、拡張した動脈には解離が生じやすくなっています。
  • 解離は大動脈弁閉鎖不全、心筋梗塞、脳梗塞、対麻痺の原因となったり、腹部臓器や手足の虚血の原因となったりします。
  • また、拡張した動脈の内側には血栓ができていることも多く、その血栓のかけらが何かの拍子に飛んで血管を詰めてしまうこともあります。
  • これは血栓塞栓症と呼ばれ、詰まった血管の先には血液が通わず臓器や組織に重大な障害が起こることになります。
  • 出典www2.kuh.kumamoto-u.ac.jp/cvs/info_aneurysm1.html

芳村真理さんのは軽度でしたが危険極まりないのには変わりがありません

今も気を付けながら生活されているんでしょう

西城 秀樹(さいじょう ひでき)の病気

それは皆さんもよく知る病気

スポンサードリンク

脳梗塞

発症したのはディナーショーのため訪れていた韓国で

朝から無理して夜までこなしましたがボロボロに

そのあとリハビリもしてましたが一部声帯の神経が損傷

歌手にとっては何よりも大切な喉が壊れてしまう

しかも言葉自体を正確に発することができない構音障害を発症

今では回復に全力を尽くしたおかげで再びステージに立つまでに回復しています

ただ二回目の再発で右半身麻痺の後遺症が残っており結構ボロボロには変わりありません

無理はしないでもらいたいですね

最後に

やはり病気は大敵ですね

私も健康に気を付けながら生活したいですね

では今回も見ていただきありがとうございました!