T-BOLANが復活!現在のメンバーの年齢や病気は?過去に亀田興毅の試合で熱唱

こんにちは最近PS2のゲームにハマっている管理人のsusuiです

PS3も出荷終了、11年の歴史に幕を下ろすみたいですが・・・

早いもんだなぁ・・・初めてのオンライン対戦がPS3でかなり遊んだもんです(笑)

とまぁ今回ご紹介するのはそんな感じの懐かしい方々

1990年代に活躍したバンドT-BOLAN(ティー・ボラン)

私も記事を書きながら曲を聴いてるんですがとってもいいですね~

DEENとかも好きなのでバッチリ好みです

では現在の事とか見ていきましょうか~

スポンサードリンク

T-BOLAN(ティー・ボラン)

結成は1990年

所属レコード会社はBeing

やっぱこの頃はまだレコードだったんでしょうね

ここ30年くらいで一気に進化しましたし、ガラケーが2005年ちょい位で2014年にはiPhoneが流行してましたっけ?

覚えてないや

T-BOLAN(ティー・ボラン)はデビューが1991年7月でデビュー作は「悲しみが痛いよ」

そのあとは「離したくはない」が年内でヒットしたみたい

YouTubeにもありますので記事の最後に置いときますね

解散は1999年12月、メンバーの病気の症状が良くなかったことから解散

でもこの後2009年、2012年、2014年と年越しの活動をしたりしていて完全に停止したわけじゃないんですね

T-BOLAN(ティー・ボラン)メンバー

森友嵐士(もりとも あらし)

ボーカル、作詞、作曲、編曲担当。

広島県出身。AB型。

身長156cm

思ったより案外低い、けど身長は調べてる途中で書き込まれていたもので根拠もないので不確定な感じです

出身大学は東海大学理学部化学科

年齢は51歳

昔にT-BOLANが解散したのは森友さんの病気のせいだったそうです

そりゃあボーカルが歌えなかったら解散もするでしょうね

現在はラジオの森友嵐士のアラシを呼ぶぜ!で活動中

毎週木曜日23:00〜23:30放送中

スポンサードリンク

森友嵐士(もりとも あらし)の病気

T-BOLAN解散のきっかけになった病気は原因不明の発声障害

解散後に心因性発声障害だと判ったそうですが

●咳などでは有響音声が出る。
●精神的外傷が元でおこる事が多い。
●後裏声のまま発声するピッチ音声や仮声帯を内転させる心因性仮声帯発声などがあります。

痙攣性発声障害は発声時に発声筋などに異常緊張が起こり声門が痙攣的に閉鎖されて圧迫された努力性の声・途切れた語音となるもので、性別差や年齢差はなく、成人では音声を日常的に使用する電話交換手や教師などに多い特徴があります。

治療は困難なことが多く、心理療法に抵抗する場合があり、発音練習が有効なことがあります。

でも完全復活も果たすので治療は終わったみたいですね

それでも20年くらいか

細かい活動含めなきゃの話ですがね

実際ちょこちょこ活躍してるとこはあるんですがハッキリ復活とは言っていなかったので

過去に亀田興毅の試合で熱唱

亀田兄弟とはそこそこ親交があって試合前に君が代とかKO勝利後、リング上で「Dear」を熱唱したりしたそうです

何で歌ったの?

会食の席で亀田興毅からWBA世界ライトフライ級王座決定戦での国歌独唱を依頼されたりしたからです。

個人的なものもあったでしょうけど一応お仕事って感じです

スポンサードリンク

五味 孝氏(ごみ たかし)

年齢は51歳

ギター、作曲、編曲担当。東京都出身。O型

ちょっと情報が少ない方

しかし力量はあの ZARDのレコーディングに参加

相川七瀬のライブツアーとかにも参加したりと色々やってる方って感じ(にわか並感)

最近だと公式ブログは食べ物の話で溢れてて活動に関してはわからない(笑)

ともかく技量は見ていただければわかる

青木 和義さんと

上野博文(うえの ひろふみ)さん

残りの二人を次のページから見ていきましょう!

PAGE 1 PAGE 2



スポンサーリンク







この記事が気になったらシェアをお願いします、更新の励みになります。

フォローする