赤木春恵は芸名!本名は?現在は介護必須で病気!?症状は?爆報!THE フライデー

こんにちは管理人のsusuiです

今回は渡る世間は鬼ばかりとかのも出演していた

赤木 春恵(あかぎ はるえ)さん

をご紹介します

金八先生の校長役・赤木春恵としても有名な女優

重病説…認知症説などいろいろ語られていますが今回はそれを確信にするために書きました

では早速見ていきましょう

スポンサードリンク

赤木 春恵(あかぎ はるえ)

「赤木春恵」の画像検索結果

1924年3月14日生まれの93歳

身体や脳に色々ガタが来るのが当たり前の歳

身長152cmと腰も少し曲がってきてるのかもしれませんね

デビューは1940年

『3年B組金八先生』校長の君塚美弥子役で一気に有名になりました

レギュラー降板後もゲスト出演、教育関係者から講演も頼まれるなど芸能人としての格が上がったというべきでしょう

『渡る世間は鬼ばかり』では小島キミ役泉ピン子さんをイビッていました(本人同士は仲良し)

ですが最新シリーズではなぜか出てこない

その理由は後述

映画「ペコロスの母に会いに行く」では認知症の役でした

2013年に世界最高齢での映画初主演女優としてギネス世界記録に認定されています

あと小話ですが「女優として様々な役を演じてきたが、殺人事件の犯人役だけは大嫌いで断り続けてきた」

スポンサードリンク

赤木春恵は芸名!本名は?

赤木春恵さんは映画『二本松少年隊』でデビューしましたがこの時の芸名は赤木春生

5年後に今の赤木春恵さんになりました

本名は 小田 章子 おだ あやこ

隠す理由はよくわかんないですけどね

もう今更変えてもややこしいから変えないだけかもしれませんが

赤木春恵の現在は介護必須で病気!?

2015年9月、東京都内の自宅で転倒し左足大腿部を骨折

その後はリハビリをしていましたが

2017.3.16のニュースで要介護4でパーキンソン病を患っていることが発表していました

要介護4とは、排泄や入浴など生活全般において介助や手助けが必要な状態です

しかも骨折のリハビリに励もうと思った時にはパーキンソン病であることも医師から告げられました

スポンサードリンク

赤木春恵は病気!?症状は?

錐体外路症状を示す進行性の神経変性疾患である。アルツハイマー病と並んで頻度の高い神経変性疾患です

症状は安静にしているときにふるえが起こること、安静時振戦と言われますね

アキネジアと言われる動作の開始が困難となるもの

筋強剛

力を抜いた状態で関節を他動させた際に抵抗がみられる現象

筋肉がこわばって、手や足の動きからスムーズさが失われ、固く縮んだようになります

姿勢保持反射障害

力を抜いた状態で関節を他動させた際に抵抗がみられる現象

体の姿勢を変えようとするときにスムーズにできなくなります。立っているだけでは問題がありませんが、人とぶつかったり、押されてバランスを崩したときなど、元の姿勢に戻ることがスムーズにできなくなります。

こんな感じですかね

認知症を伴うパーキンソン病もあるんですがそっちはもうかかったら素人目にはどうしようもないですね

最後に

まさかの黒柳さん以上の年齢とは

しかしまた大御所が一人芸能界に復帰することもできずにいなくなってしまうのは悲しいですね

今回も見ていただきありがとうございました!