荻原次晴の実家は?兄とは仲が悪い?元妻はモデル!今はスポーツコメンテーター(しくじり先生)

こんばんは、管理人のsusuiです

今回はスキーノルディック複合元選手で荻原健司さんと比べ続けた人生を歩み

「双子の兄と比較にならないくらい差がついちゃった先生」として地獄の人生を語る

荻原次晴さんをご紹介します!!

では早速見ていきましょうか

スポンサードリンク

荻原 次晴(おぎわら つぎはる)

1969年12月20日(現在47歳)

既婚で子供は3人

現在の奥さんは一般の方で14歳年下だそうです

号泣選手とか兄である荻原健司を超えられない永遠の2位みたいな扱いを受けていました

幼少時代から兄・健司とともに体操教室で器械体操を習っており

スキーを始めたのは小学5年生から

となると11歳くらいからですかね

功績は

1994年全日本選手権で3位入賞

ワールドカップチェコ・リベレツ大会(1995年1月14日)

ノルウェー・オスロ大会(1995年2月9日)

共に準優勝、いずれも優勝は兄の健司でした

このことから先の永遠の2位の扱いを受けたり比べられる原因になりました

特にリベレツでのレースは健司と最後まで優勝争いを演じてましたからねー・・・

次のページからはそんな荻原次晴さんと兄を生み出した実家の話です

PAGE 1 PAGE 2

スポンサーリンク







この記事が気になったらシェアをお願いします、更新の励みになります。

フォローする