池波志乃(中尾彬の妻)の病気の症状や治療法は?現在は会社の社長!?(徹子の部屋)

こんにちは、管理人のsusuiです

今回は徹子の部屋に出演する中尾彬さんの妻

池波 志乃(いけなみ しの)さんをご紹介します!

では今回もサクサク見ていきましょうか

池波 志乃(いけなみ しの)

現在62歳

戸籍名は中尾 志津子(なかお しずこ)さんなんですけどね

志乃は芸名ってことです

そういえば.hackGUのPS4発売も始まったのでそっちの志乃も見てみてね

さて、話がそれましたが以降池波さんと呼んでいきますね

父が10代目金原亭馬生

祖父は5代目古今亭志ん生

叔父は3代目古今亭志ん朝と言う落語家一家に生まれますが芸名のせいで作家の池波正太郎さんの娘と勘違いされることも多いみたいですね

と言っても年代的に勘違いするにしても年配者の方か文学が大好きな方で毛でしょうね

『鬼平犯科帳』『剣客商売』『仕掛人・藤枝梅安』なんて聞いても普通の若い人はわかんないでしょうし・・・

池波志乃(中尾彬の妻)

一緒にテレビに出るときはこんな感じ

それでですね

超亭主関白家庭です

「食事前に必ず直筆のお品書きを書く。」

「チャンネルを回す(リモコンでチャンネルをあわす)のは全て妻の役目とする。」

「どんなことがあっても食事は用意し、中尾が寝るまでに寝てはならず、中尾に寝顔を見せてはいけない。」

「でも」「だって」と口答えはしない(厳密には中尾さんが頑固なので怒らせないため)

等のルールが存在しそれらを守って夫婦生活をしています

これ今時の人がやったら即離婚モノですよ・・・

しかも料理の腕は1流で

中尾がカレーが食べたいと言えばインドカレーを作り、韓国料理が食べたいと言えばその料理をきちんと用意

更に中尾鍋と呼ばれる白菜と豚バラを使用した鍋料理を考案したりしています

とんでもないですね

池波志乃の病気の症状や治療法は?

フィッシャー症候群と呼ばれる病気を発病していました

本来ウイルスなどを攻撃する自分の免疫システムが、末梢神経を攻撃し運動失調などを引き起こすもので

2015/09/20にはすでに発症していたんですがなんと200万人に一人が発症するという超低確率の病です、そのため例があまりなく難病指定されている疾患の一つ

症状はフィッシャー症候群にかかると外眼筋麻痺、運動失調、腱反射消失の3つの

外眼筋麻痺

外眼筋麻痺は目の周りの筋肉の異常

健康な人が物を眼で追いかける時には、眼のまわりにある6つの筋肉が働きます。この眼球を動かすために必要な6つの筋肉を総合して外眼筋(がいがんきん)と呼びます。これらの筋肉すべてや一部に異常が起きて眼球を動かすことができなくなった状態を外眼筋運動障害、または外眼筋麻痺と言います。

フィッシャー症候群にかかるとまず初期症状でこの外眼筋麻痺が起こり、ものが二重三重に見えたり、見たい方向に眼球が動かないという症状が現れます。また回転性めまいの眼振や視力低下なども症状として現れることがあるそうです

運動失調

運動失調は腱反射消失と関わり合いが深い

運動失調とは、スムーズな動きができなくなったりバランスを保てなくなったりと筋肉がうまく動作しなくなることが原因で、日常生活に支障をきたすものです。

通常、筋肉は脳からの命令に従うことにより歩行や日常の何気ない動作を行うことができますが、運動失調になるといつも通りの日常が送れない、今まで出来ていたことができなくなってしまう状態になります。

運動失調からくる症状としては、手足がいうことをきかずふらつきが起こり自力歩行が難しくなってしまったり、身の回りの世話が自分でできなくなるなどの症状が挙げられます。そうなってしまうと普通の人と同じ生活を送ることが困難になってきます。

腱反射消失

人間の身体を動かす組織には筋肉や骨の他に腱があります。骨と筋肉を繋ぐ大切な役割があり、普段我々が身体を動かせるのは、この腱が脳からの命令で動くことで骨や筋肉に働きかけているからです。

健康診断などで、座った状態でお医者さんに膝を叩かれて足が前に出るかどうかを確認された方もいると思いますが、これは不随意腱反射の反応を見るためです。フィッシャー症候群にかかるとこの不随意腱反射の反応がなくなってしまう腱反射消失が現れるため、足に力が入らずにふらついてしまったり歩くことが困難になります。

https://hapila.jp/fisher-syndrome

池波志乃(中尾彬の妻)の病気の治療法は?

こんだけ大きく書きましたが死ぬほどではない

軽度なら数ヶ月ほどで回復するみたい

定期的に神経内科に通って症状を観察、治療すれば心配する必要はないとのこと

そして軽度の場合は再発の可能性は心配しなくていいそうです

重度の場合は?

どうしてこんなことになるまで放っておいたのか、症状が重度の場合は入院が必要です

他の症候群や幹脳炎、中枢神経障害に移行してしまう場合もあり2次災害というか連続で病にかかるかのせいが大きいです

また重度の場合はとてつもないめまいが起きて、動くことや歩くことが困難どころかほぼ寝たきり状態になるケースがほとんど

有効な治療方法としては免疫グロブリン製剤という薬品を短期間でお医者さんの元で大量に静脈に投与する治療法や血漿浄化療法っていう血液の中にある有害物質や不要な物質を取り除く治療方法が推奨されてるみたい

でもこれらはきちんとした病院できちんとしたお医者さんの口からきいた方が確実

なんでもし体調が悪いなーと思ったらネットで調べてないで病院に行きましょう

波志乃(中尾彬の妻)の現在は会社の社長!?

病気からは完全に復帰

今では「オフィスShino」というデザインやWeb系のスタイルなんかを扱う会社を経営してるみたいですね

公式HPはやたら簡素でちょっと怖かったけど・・・( ・´ー・`)

詳細内容も良くわからんちな感じ

最後に

アメリカのプロレス団体WWEのファンらしいです、意外ですよね



スポンサーリンク







この記事が気になったらシェアをお願いします、更新の励みになります。

フォローする