橋詰昌慧(リリレトMASATO)のプロフィールや小学校は何処?ライブの評判は?

こんにちは。

大阪城のライブを中心にじわじわと人気を伸ばしている「リリレトMASATO」という名前を知っていますか?

現役小学生のリリレトMASATOくんについてのプロフィールやライブでの評判をまとめてみました。

出展:https://twitter.com/lyrirhetomasato

<目次>

  1. リリレトMASATOの本名は?小学校はどこ?
  2. リリレトMASATOのライブの評判は?

スポンサードリンク

リリレトMASATOの本名は?小学校はどこ?

そもそもリリレトMASATOくんってどんな人物なのでしょうか?

あまり情報は出ていないのですが、わかる限りで調べてみました!

2005年の11月生まれのMASATOくんは、4歳からピアノを習い始めたそうです。

6歳からボーカルでのライブ出演をはじめ、2016年の春に大学生のお兄さんとのユニットである「LYRIC RHETRIC」を組みバンド活動を開始しました。

年が離れたお兄さんがいるようですが、一緒にバンドを始めたわけですし仲がいいのでしょうね。

しかも注目したいのは、このLYRIC RHETRICでの初ライブでMASATOくんはX JAPANの紅を歌ったそうなのです。生まれる前の曲ですし、結構ハードな曲を選曲したなぁという印象です。

しかしながらしっかり歌いきっていますし、ロックボーカリストと呼ばれるのもこういった曲のチョイスからなのでしょう。

ボーカルでの活動では様々なコンテストに出場し、受賞記録も多くあります。

島村楽器歌うたいコンテスト2016では決勝出場を果たし、翌年2017年の同じコンテストでは審査員特別賞を受賞しています。

他にも2016年セルシーのど自慢大会では優秀賞を受賞し、ZEST御池20周年記念ハッピーソングコンテストは予選会優勝、2017ココロ、オドル!ヴォーカリストコンテストキッズ部門では準優勝をしています。

今の段階ではキッズ部門などの年齢制限の中で活動している状態ですが、まだまだコンテストへの出場は続けていくと思われますしこれからの活動が楽しみです。

本名や在籍中の小学校についての情報は出てきませんでしたが、大阪城のストリートライブ「城天」を中心に活動していたり高槻市での訪問活動をしていることから、この周辺に住んでいて学校にも通っているのではないかと考えられます。

スポンサードリンク

リリレトMASATOのライブの評判は?

実際の歌声と活動、ライブの評判が気になると思います。

リリレトMASATOとしてYouTubeチャンネルを開設してありますし、そちらからライブの動画をみることができます。

オリジナル曲のKOKORO NO HIBIKIを作成したりと作詞作曲にも取り組んでいるところのようです。

また、2017年5月からtwitterも開設されライブ活動の詳細や出演情報をリアルタイムで確認することができるのでフォローをおすすめします。

最近の活動ですと、2017年の夏から「HEART VISIT リリトレMASATO」として高槻市内の各施設で”心の訪問”というボランティアを行っています。

また、山本心優のサポートギターとしての活動も実施したようで、これから歌だけでなくギターでの活動も増えていくのではないかと思います。

現在の段階でも十分に魅力の多いリリレトMASATOくんですが伸びしろもとてもたくさんありますし、これからの成長がかなり期待できるアーティストだと思います。

スポンサーリンク







この記事が気になったらシェアをお願いします、更新の励みになります。

フォローする