Rihwa(歌手)はかわいいけど身長は?曲と歌詞の評価は?

出典:http://www.rihwa.net/

こんにちは!

今回は、かわいいルックスでアコギ片手に弾き語る人気の女性シンガーソングライター・Rihwa(リファ)さんについて、その魅力の一部を掘り下げてみます!

<目次>

  1. Rihwaさん可愛いらしいイメージですが、その身長はどの位でしょうか?
  2. Rihwaさんの作る楽曲と歌詞の評価は?

スポンサードリンク

Rihwaさん可愛いらしいイメージですが、その身長はどの位でしょうか?

出典:http://www.rihwa.net/

Rihwaさんの人気の源の一つである、そのかわいいルックス。

あどけない顔も、くったくのない笑顔も、歌の詩に想いを込めて力強く伝えるアーティストとしての顔も。

1キャラクターの枠に収まりきらぬとばかりに、自身のHPや各メディアでも素敵な表情をいくつも見せてくれています。

北海道は札幌の出身という事もあって、いわゆる雪国美人でもあるわけですが、彼女は韓国国籍の在日韓国人四世でもあります。

そう言われてみれば、アジアの美の中にもなんとなくそういう雰囲気が見て取れますね。この顔好み!ってファンも多いでしょう。

では、そんなRihwaさんの身長はどの位なのか。

ギターを抱える姿を見るに、少し小さい印象を受ける人も多い様ですし、片や、力強くメッセージを歌う姿を見て、その迫力から「思ったより大きいんじゃない?」って感じる人も少なくはない様です。

ここは敢えて、ファンタジーでもいいんじゃないかとも思いますが、いやいや、この謎の解明にも大きな意義が在りますよ。

例えば、自分と並んだ時にどんな身長差なのか、とか、芸能人で言うと誰と同じなのか、とか、そういう事を想像するのも、ある意味で大好きなアーティストを理解する面白い要素ではないでしょうか。

さあ、気になる(?)その身長は!

・・・な、なんと、明かされておりません

公式のプロフィールでは勿論、あらゆるサイトで観てみても、公表されておりませんでした。つまり、有体に申しますと、残念ながら、正確な数字をここでお伝えする事が出来ません。ごめんなさい!

ならば!と思い、私が観た動画の中でRihwaさんとアコースティックギターの対比で試算してみました。よろしければ、以下動画をご覧いただいて。

(※因みに、私は動画開始から35秒くらいの引きの画を参考にしました。)

で、本当に丼勘定で申し訳ないのですが、画面上のRihwaさんと、彼女が抱えているギターを定規で測ってみると、その対比はギターが4に対して、Rihwaさんが6でした。(2対3というよりは4対6!)

この対比を、一般的にオーソドックスな造りとされるアコースティックギターの全長(およそ102~104㎝)に換算してみたその結果、Rihwaさんの身長は「およそ153cm」となりました。

皆さんどうですか?意外でしたか?それとも、予想もしくは理想通りでしたか?

まあ、勿論、これも結局「推定」ですので、悪しからず。と言うか、ごめんなさい。

公式のプロフィールで公表しないという事は、それが彼女にとって伝えたい情報ではないという事なのでしょうけど、それでも止まらないファンの飽くなき探求心への、ちょっとしたクッションになれば幸いです。

或いは、実際にライブへ出向いてその目で彼女を見て胸に刻むしか、今のところは。悪しからず。

スポンサードリンク

Rihwaさんの作る楽曲と歌詞の評価は?

さて、トリビアでちょっと温まったところで、いよいよ魅力の核心とも言える、Rihwaさんのアーティストとしての評価にも触れてみます。

それはずばり、シンガーソングライターである彼女の作る楽曲と歌詞について。

すっかり、数々のメディアへの出演や映画やドラマとの楽曲のタイアップもあり、グングンと知名度を上げているRihwaさん。

この時点で、スポンサーサイドの評価が高い事は疑う余地もないわけですが、その要因のひとつとして、「素直に伝わる」という評価が大勢を占めています。

これは、例えば音楽じゃない何かとコラボレートしようという時には絶大な影響力を持ちます。

聴くだけではなく、観るという要素も兼ねなくてはならないからです。

それ故に、振るいにかける最初のハードルが、「素直に伝わる」力を持っているか否か、というわけです。

等身大の人物像をそのままうけとめられる様に作られていく楽曲と詩が、その説得力となる。

結果スポンサーの評価の前に、自然とファンが着いていく。自分と重ねられる心地よさ、欲しかった言葉をくれるもう一人の友達。そんな存在へなっていく様ですね。

本人が、自身の音楽性はカントリーミュージックを原点に持つと語っています。素直で透き通った歌声が、時に見せるパワフルさとも相まって、聴く方にも嫌にひっかかる事のない、素直な人間らしい音となって伝わる様です。

「カントリーが原点」というのはこれで「なるほど」ですが、まだまだ彼女の作曲の世界は色んな色を見せてくれます。特にアルバムに注目して頂ければ解り易いとも思いますが、全然カントリー一辺倒の人じゃありません!

ロックチューンも、バラードも、ゾクッとするスリリングなジャンルに問われない様な楽曲も、どんどんその幅を広げています。

その素直さ故に、奇をてらってない歯がゆさみたいなものを抱くという評価もある様ですが、それは、まんまと「もっと欲しい」という中毒症状の入口でもあるわけで。

シンガーソングライターって、一人で総合芸術屋でもありますからね。

これからのRihwaさんの躍進と、まだまだ見たいかわいい姿に注目です!

スポンサーリンク







この記事が気になったらシェアをお願いします、更新の励みになります。

フォローする