川嶋朗(内科医師)の評判(腕)や病院の場所や治療費は? ジョブチューン

こんばんは!

今回はジョブチューン~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!

にて名医たちがぶっちゃけ!冬の病気を予防する最強の食べ物

に川嶋 朗(かわしま あきら)ドクターが出演するということで調べてきました!

評判やどこの病院に行けば見てもらえるか、そして料金などがどれくらいになるのか見ていきたいと思います!

スポンサードリンク

川嶋 朗

画像一番右の方です

「川嶋 朗」の画像検索結果

お顔はこんな感じの優しそうな先生

略歴は北海道大学医学部

東京女子医科大学附属青山自然医療研究所クリニック所長

東京女子医科大学附属青山女性・自然医療研究所

自然医療部門准教授

東京有明医療大学保健医療学部 鍼灸学科教授(現)

まだまだ肩書とかもたくさんありますがあまりたくさんあると

荒れなので1部を抜粋しますね

日本腎臓学会学術評議員

日本東方医学会理

国際生命情報科学会理事等々

かなーりえらい方でもあります

専門は

自然医療

内科(腎臓病、膠原病、高血圧)

自然医療というのは人の持つ自然治癒力を高めることと紹介ページに書かれており

患者1人1人の要望と向かい合い患者の満足度を上げるために最大限に医療サービスを使っているそうです

スポンサードリンク

川嶋朗(呼吸器内科医師)の評判(腕)

では医師(ドクター)として信用できるのか?

それは本の多さとインタビューから読み取れます

本はアマゾンでも多く取り扱われ

『病気は心のメッセージ』

『すべての病「気」から!』

『58歳からの人には言えないからだの悩み』

とかなりメンタルによる体の不調と体の加齢によるガタについても詳しく書いています

その他のインタビューでは医学界の異端児といわれています

死の受容とは、自分が死ぬなんて嘘だという“否認・孤立”、なぜ自分が死ななければいけないのかという“怒り”、何かにすがりどうにか死なずにすませたいという“取引”、何もできなくなる“抑うつ”、自分が死ぬことを受け入れる“受容”へと変化するプロセス。

またお医者さんは患者さんの命を救うために頑張ってくれますが

“なぜ死にたくないのですか?”

と川嶋 朗さんはインタビューにて答えています

驚きですよね、普通お医者さんは生きるんだよといいますが

「“なぜ死にたくないのですか?”と聞くと、“まだやり残したことがあるから”などと未練や後悔を口にします。“せめてあと10年ぐらいは生きたい”という方もいて、私が、“では、10年後に死んでもいいのですね?”と聞くと、黙り込んでしまいます」

さらにこの後

「生きる意味だけではなく、死ぬ意味もある」

と死生観にも踏み込んでいて

後悔を減らし死を迎えたときに穏やかな気持ちでいられるよう残された時間を精一杯使うようにと取れる文章もありました

常に患者さんには最高の人生をと考えているのでしょうね

川嶋朗(呼吸器内科医師)の場所や治療費は?

病院は一般財団法人 東洋医学研究所附属クリニック

住所は東京都渋谷区桜丘町28番9号

交通初段はJR山手線、東急東横線・田園都市線、京王井の頭線、東京メトロ他 渋谷駅下車 徒歩 約5分

http://toyoigaku.or.jp/access.html

このHPで地図などが細かく記載されています

治療費はやはり人によって異なるようでやはり細かい基本治療費なんかはわかんないですね

薬の関係もありますし

やはりそのへんは実際聞いてみないと分からないですね

ともかく川嶋 朗さんは信用できる医師だと思います

さは今回も見ていただきありがとうございました!

スポンサーリンク







この記事が気になったらシェアをお願いします、更新の励みになります。

フォローする