紺野紗衣(ピアノ奏者)年齢プロフィールや結婚と旦那子供は?(題名のない音楽会)

紺野紗衣(ピアノ奏者)年齢プロフィールや結婚と旦那子供は?(題名のない音楽会)

こんにちわ!
今回は、ピアノ奏者である紺野紗衣(こんの さえ)さんについて、そのプロフィールと、紺野さんの結婚やその相手、お子様などの情報をご紹介致します!

<目次>
1. 紺野紗衣さんのプロフィール
2. 紺野紗衣さんの家庭とは?

出典:http://www.saekonno.com/index.html

スポンサードリンク

1 紺野紗衣さんのプロフィール

ピアニストの紺野紗衣さんは、歌手の森山直太朗さんや一青窈さん、木村カエラさんなどなど著名なアーティスト陣の音楽制作、或いはライブのバンドメンツ、或いはサポートとして参加していて、映画やテレビドラマのサウンドトラックなどのあらゆるシーンで活躍し、各位から高い評価と厚い信頼を得ているそうです。

小柄でしとやかな笑顔に癒されつつ、それ以上に、ハッとするような存在感の在るピアノ演奏には目も耳も奪われますよね。実際、彼女の演奏を目の当たりにしているファンからも、その逸材っぷりを讃える声が絶えません。

特に、その音楽性の「壁の取っ払いぶり」とでも言いましょうか、その対応する幅の広さ、表現の奥行、「ダイナミックな」という言葉で例えられる事もかなり多い、その「何でも来い」なスタンスが、実力が、とにかく評価に繋がっているようです。

※例として。下記動画(音楽と静止画ですが)で、森山直太朗さんとセッションしています。
繊細なバラードですが、堂々たるその音の自由さがお解り頂けると思います。

さて、そんな紺野紗衣さんのプロフィールを改めてお伝えいたします。

紺野紗衣(こんの さえ)さんは1974年3月13日生まれ(2017年12月現在で43歳)

で血液型はA型。東京都出身。
ピアノを始めたのは3歳からです。

まずは皆さんの中にも親しみのある人も居るはず「ヤマハ音楽教室」、そして名門の「桐朋学園大学音楽部附属子供のための音楽教室」にて師事。

その後、多感な思春期を経ると音楽に携わる意義に疑問を抱き、2年間のブランクを超えて音楽愛を再確認し、改めて音楽活動を始動しました。

学生の時分にはバンド活動もし、その傍らではフランス系を中心とした近代音楽作品の演奏にも夢中だったそうです。

そして現在はフリーのピアニスト・キーボーディストとして前述したように各音楽シーンで大活躍中なのであります。

もの作りにその身をおく人間は少なからずの葛藤や悩みと対峙し、それを受け入れて乗り越える度に、世界にまだないものを生み出してゆくのだと思います。

詳しくは明かされていない紺野さんのブランクとその前後は、それを想像する前に彼女のピアノを聴いてみると、何か、心に迫ってくるものを感じますね。

テレビ出演などの露出はまだ然程多くない様子なので、これから観る方聴く方は、是非お見逃しなくその演奏を目に耳に、胸に焼き付けてください。

スポンサードリンク

2 紺野紗衣さんの家庭とは?

ここからは、音楽家としてではなく、紺野紗衣さんのプライベートの顔をご紹介したいと思います。が、しかし!

残念ながら、そのプライベートは殆ど明かされておりません!
ご結婚はどうやらされている様です。(下記URLにて、ツイートされています)
https://twitter.com/saelotta/status/314760259652710401

お子様は、居るのか、居ないのか。
現在、解明出来ておりません。ごめんなさい。

過去のブログから、「お肉が好き」という事と、「甥っ子が居る」という事は判明したのですが。なかなかどうしてその尻尾は掴めませんでした。
あとは、とにかくピアノが好きだという事

そして音楽が好きだという事

探せば探すほど、その嬉しい事実に行きつきました
とっても自由な印象の強いその音楽性の底には、プロフィールには書かれない紺野紗衣さんの心の一端が積み重なって、折り重なって、一音一音に乗っているのだと感じられます。


出典:https://twitter.com/saelotta
※これはプライベートではありません。悪しからず。


出典:http://blog.goo.ne.jp/saekonno/e/96ffd5ca91e411dbd1e6873dc34dbfa5?fm=entry_awp_sleep
※これもプライベートと呼べるのかは不明です。過去のブログから引き出した一面ですが、世界の中の日本を、ピアニストとして見つめている姿が、ここには在ります。

今回、特にご紹介出来ない部分もありましたが、その魅力の一端でも伝われば幸いです。
出演や演奏での参加はかなりのペースで有るようですから、重ね重ねお見逃しなく!
………私も、改めて公私ともに紺野紗衣さんから目が離せません。
さあ、まずは誰のどの曲から聞きましょうかね。

スポンサーリンク







この記事が気になったらシェアをお願いします、更新の励みになります。

フォローする