桂木良子の年齢と結婚や子供や犬と歌唱力の評価は?

こんにちは!

今回は、歌手であり、北陸放送ラジオのパーソナリティであり、映画評論家でもある桂木良子さんの基本的なプロフィールと、そのプライベート、そして歌唱力の評価についてご紹介致します!

大人の魅力がキラキラしている桂木良子さん。

多彩な活躍の向こうに、どんな顔が見えるのか!

出典:http://ryokosan.music.coocan.jp/profeel.htm#

<目次>

  1. 桂木良子さんの基本的なプロフィール
  2. 結婚やお子様、大好きな犬について
  3. その熟練の歌唱力はどんな評価?

スポンサードリンク

桂木良子さんの基本的なプロフィール

桂木良子(かつらぎ りょうこ)さん。

愛称は「リョーコさん」もしくは「横町のカルメン」

年齢は50~53歳前後

※(15歳でデビューとの情報があり、その後の来歴から推測)

血液型はA型星座は双子座

東京都渋谷区の出身で、1997年以降から現在は石川県金沢市に在住

特技は合気道(なんと、二段の実力!)とスペイン語

趣味は映画(鑑賞だけではない!)、旅行コーヒー、甘いもの、(が好き)。

作詞家の水木かおる氏のスカウトにより全国デビューを果たしたのは、桂木良子さんが15歳の時。その後、学生生活を送る為に一時歌手としての活動を休止するも、ポリドールレコードのディレクター松村孝司氏のラブコールに応え、1982年に桂木良子として『裏町物語』で改めて全国デビューします。(改名して桂木良子となった様です)

歌手としてだけではなく、自身の歌う楽曲の作詞、ラジオのパーソナリティ、そして映画の評論家としての顔を持つ桂木良子さん。

映画に関するエッセイも執筆しており、しかも、ただの評論書ではなく、『読んで美味しいシネマレストラン』というタイトルで、数々の名画とそこで登場する食事のシーンに関して掘り下げたとっても素敵な内容です。趣味でも特技でも、形になるまでちゃんとやりこむ、愛情を注ぎ込む、そのパワーたるや。

性格に関しては、MRO北陸放送のプロフィール紹介文によると、「お節介で涙もろく意地っ張り。向こうっ気が強いが優柔不断なところもある」とのこと。素直で謙虚な姿勢も伝わりますね。

座右の銘である「人間万事塞翁が馬」というのも、何だか重みを感じます。

ガッチリ映画の事が内容に盛り込まれていますね。

スポンサードリンク

結婚やお子様、大好きな犬について

ラジオの語りや、その収録に関わった人からは気さくな印象を持たれている桂木良子さん。暖かいその人間性から、家庭もきっと暖かいのではと想像しますが、実際はどんなお家なのでしょうか?

残念ながら、調査上にはその家庭の詳細は浮かんでこず。

ですが!

MRO北陸放送のプロフィールの中で、自身の事を「主婦であり母である生活者」としています。

つまり、結婚をしていてお子様もいらっしゃるようです

また、あらゆるプロフィールで好きなものとして犬の事を挙げています。

現在、犬を飼っているのか否かは定かではありませんが、彼女にとって犬はかなりの癒し要素みたいです。他人が飼っている犬でも、テレビなどで観る犬でも、とにかく大好きなんだそうです。

その熟練の歌唱力はどんな評価?

さて。基本的なプロフィールを追うにつけ、何だか身近にも感じられる桂木良子さんですが、彼女の本質でもある歌手としての実力即ち歌唱力はどんなものでしょうか。

本人は自身の声について「美声ではない」と評しています。

いやいや!美声ですよね。

でも、それはキレイ一辺倒という意味ではなく。

実際に聴いてみて解るのは、とっても真っ直ぐで、メッセージとしての願いや祈り、想いがスーッと入って来ます。

高過ぎないトーンで、力み過ぎでもなく、無理なく、大事に大事に言葉を伝えてくれていますね。

これによって、歌の物語の主人公はもしかしたら本人なのではないかと思うような臨場感も味わいとなって広がっています。

ご自身のHPのプロフィールには、名前の次に完全に名前よりも太い文字で「歌手」と明記してあります。

様々な活動の中心にある歌手としてのこだわりが、そのまま歌の中に溶け込んでいるのですね。

ラジオもテレビも、本も気になりますが。

大事にしているものを、そのまま大事にもらえるのは、この歌唱力豊かな「歌手・桂木良子」の職人業故なのでしょう。

スポンサーリンク







この記事が気になったらシェアをお願いします、更新の励みになります。

フォローする