瀬戸康太郎(デリバリーの世界)の年齢や仕事結婚家族は?(マツコの知らない世界)

こんにちは!

今回は、有名デリバリーサイト『出前館』の営業担当・瀬戸康太郎さんについてご紹介します!

仕事もデリバリー、趣味もデリバリーという瀬戸さんの事を調べてみましたよ。

どういった人なのか、観てみましょうか!

出典:http://www.yumenomachi.co.jp/recruit/staff03.html

<目次>

  1. 年齢などのプロフィール!
  2. どんなお仕事なの?
  3. 結婚はしているの?家族は?

年齢などのプロフィール!

やり手な雰囲気が醸し出されている瀬戸さん。まずは簡単にプロフィールのご紹介。

公式に発表されている情報が少ないので、年齢が「推定」になっていますがご容赦を。

瀬戸康太郎(せと こうたろう)さん。

1980年(推定)生まれ37歳(2018年1月現在)。

千葉県千葉市出身

血液型・B型

夢の街創造委員会株式会社・新規事業本部・新規事業グループにて営業を担当

趣味はデリバリーグルメ

千葉県千葉市の、これまた美味いメシが集まる所出身です。

37歳(推定)という事だそうですが、働き盛りの脂の乗ったバイタリティーがひしひしと感じられますね。

趣味もデリバリーグルメというのが大きなポイントです。「食べたい」とか「知りたい」の中に「好きだから」とか「仕事だから」とかのラインが無いのかも知れません。「面白い」とか、そういう気概で携わっていないと、なかなかこういったスタンスでは居られませんよね。

すし屋で働いていたらナポリタンが食べたくなるとか、そういう事ってありませんか?和食器を作る陶芸家がステンドグラスやってみたいとか、そういう。でも、瀬戸さんには、デリバリーグルメがとっても身体に合っているのでしょうね。底なしにその魅力を感知している。浮気知らずだけど冒険者で開拓者。そんな印象が強いですね。

出典:http://www.yumenomachi.co.jp/recruit/staff03.html

どんなお仕事なの?

さて、テレビ出演などでその熱意溢れる姿が注目されている瀬戸康太郎さん。

勤務している「夢の街創造委員会株式会社」は、有名デリバリーサイト『出前館』の運営会社である事でもよく知られています。

その現場の新規事業本部・新規事業グループで営業を担当しているとの事ですが、それはどんな仕事なのか。

現在はこの新規事業部で『仕入館』というデリバリー飲食店向けの仕入れサイトの運営も担当しているそうです。

ご本人が自社HPの採用情報のページでインタビューに答えた文言の中に、いわゆる「営業職」とは一線を画す違いがあると話しています。

主にその事業部での役割として「今までにないものを生み出して、それが価値を持つまで育てる」といった内容が読み取れました。

ゼロをイチにする。それが仕事。

何よりも求められるものを。求めやすいものを。作りたいものを。作りやすいものを。その企業努力の最前線で、誰も気付かなかった、出来なかった、やろうとしなかった事を発見したり企画したり、作り出す。そういう仕事。

その一端として自社の新規サイトの立ち上げから運営から営業からと、そのサイトの評価として売り上げの上がるサイトへと成長させるために奔走して奮戦しているようです。

6年程前。

瀬戸康太郎さんがこの夢の街創造委員会株式会社に中途入社しました。

入社前はホテルの飲食部門で働いていたお父さんの背中を観て、フードビジネスにその身を投じ、外食チェーン店で店舗の運営・商品企画・新業態開発に携わっていたそうです。

いわば、ひとりのメシのプロが、新たに革命を起こそうとしている、という事ですね。

面白い!

結婚はしているの?家族は?

瀬戸さんのご家族について、少し触れておきます。

ご結婚されていて、二人のお子様もいらっしゃるとの事です。

出来るお父さん、いいねぇ!

お家ではどんなお父さんなのかな。

お父さんである康太郎さんの趣味がデリバリーグルメって事は、奥様もお子様もデリバリー通になってる可能性大ですよね。うわ、羨ましい!

年間にとんでもない品数のデリバリーグルメを食している情報もありますが、それはつまり、殆ど毎日って事なのか?すげぇ!

私なんて、法事ぐらいでしか出前メシを食せなかった部類ですから、こりゃ羨ましい。

いやいや、思わず、スマホで『出前館』開きそうになってしまいましたが。少し個人的感想が過ぎましたね。

並外れた情熱を持った男がここにもひとり。

そしてそのパフォーマンスに、これからも注目が外せませんね。

今回はこの辺で失礼します。

スポンサーリンク







この記事が気になったらシェアをお願いします、更新の励みになります。

フォローする