野口五郎今現在の歌唱力やギターの腕は?

3月3日のサワコの朝にゲスト出演するのは歌手であり俳優としても活動している、野口五郎さん。

今回は歌手活動に焦点を当てて、野口五郎さんの歌唱力や演奏楽器のギターの腕について紹介して行きます。

出典:http://goro-net.com/goro/prof/

現在は舞台俳優活動やコンサートツアーでの歌手活動が中心となっている野口五郎さんは芸歴45年を超えるベテラン歌手です。

1970年代には西城秀樹さんや郷ひろみさんと並んで御三家と呼ばれるトップアイドルの一人として活動していました。

そんな野口さんの現在の歌唱力やギーターの腕前について詳しく見てきましょう!

<目次>

  1. 野口五郎の歌唱力や歌手としての人気は?
  2. 野口五郎のギター演奏がすごすぎる!

スポンサードリンク

野口五郎の歌唱力や歌手としての人気は?

野口さんは2015年7月29日にシングル「再会タイムマシン/Rainy〜会えない週末」を発売して以降個人での新曲のリリースはしていません。

しかし2017年には他アーティストとのデュエットカバーアルバムを出したり2018年にセルフカバーアルバムを発売するなど、歌手としての活動は続いています。

それぞれ当時の歌い方とは現在は少し違うところもあるでしょうが、今の歌声は深さのある柔らかな声で歌われていますね。

公式ティーザー映像もYouTubeで公開されていますのでその歌声を聞くことができます。

両親はアマチュア楽団「青空楽団」の歌手であり、幼少期から音楽に触れていた野口さんはちびっこのど自慢に出場して優勝しています。

本格的に歌手を目指し活動を始め、中学生の時に声がかかり上京し15歳で演歌歌手デビュー、当時最年少記録となる16歳で紅白歌合戦に出場するといった経歴があります。

毎年行われる恒例のバースデーライブはソールドアウトですし当時のファンも含めてもまだまだ人気の集まっている歌手であるといえます。

幼少期からの努力や才能、歳を重ねるからこその魅力も合間って歌声や歌唱の実力は増していくばかりなのではないでしょうか。

スポンサードリンク

野口五郎のギター演奏がすごすぎる!

野口さんといえば自身の楽曲でギターを演奏している姿もよく見られますが、実は楽曲に合わせて少し弾けるという表現では全く足りないほどの演奏技術の持ち主なのです!

歌手としての活動歴よりギタリストとしての活動歴の方が長く、中学生の時からキャバレーなどのライブハウスで演奏するハコバンに在籍していたそうです。

これまでにギターメーカー主催のイベントで演奏したり、野口五郎モデルのギターが発売されたりもしています。

またカルロス・サンタナのヒットシングルを日本語歌詞でカバーした際にサンタナ本人と面会したりとギタリストとしての活動にも力を入れてきたことがわかります。

ギターインストアルバムをこれまでに3枚発売しているので野口さんの歌声と切り離してギターの演奏のみに注目して聞きたいと思う人はぜひ聞いてみてください!

以上、歌手としてもまだまだ精力的に活動を続けておりギター演奏もかなりの実力の持ち主である野口五郎さんについて紹介しました。

ギター演奏や歌唱している姿からは想像できないお茶目な性格の野口さんのトーク姿をサワコの朝で合わせて楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク







この記事が気になったらシェアをお願いします、更新の励みになります。

フォローする