石田衣良の現在の妻と作品本の評判と新刊は?

「池袋ウエストゲートパーク」で作家デビューを果たし、同作品がドラマ化もされて一躍脚光を浴びることとなった石田衣良さん。その後も数々ヒット作を生み出し、「4TEENフォーティーン」で直木賞を受賞することとなります。

有名な日本の作家なので1度は本を読んだり名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。私も学生のころにちょうど池袋ウエストゲートパークがドラマで放送されていましたので見ていた思い出がありますね。

そんな作家の石田衣良さんの本の評判や現在の執筆活動を見ていきたいと思います。また、知られざるプライベートについての情報もご紹介していきます。

Ira Ishida-Japanese writer-DSC 6764.JPG

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E7%94%B0%E8%A1%A3%E8%89%AF

<目次>

  1. 石田衣良の現在の妻は?
  2. 過去の作品の評判は?
  3. 現在の新刊はあるの?
  4. まとめ

スポンサードリンク

石田衣良の現在の妻は?

石田さんは過去に結婚をされていましたが、現在は独身のようです。一説によると死別されたというようになっていて、再婚の情報もないようですね。

また、息子と娘の2人の子供がいるようですが現在は20代半ばごろとされています。

過去の作品の評判は?

石田さんは定期的に書籍を出版していますが、過去の作品も非常に評価が高く2018年春に映画の原作としても起用されています。それがこちらの「娼年」という作品。私も読んだことがあり、生々しい内容ながらどこか品があり慕情的な作品に仕上がっているのはさすが石田先生といったところでしょうか。

当初の予想に反して、心理描写がしっかりしていて、読むほどにストーリーに引き込まれました。
最後の展開は石田氏らしい展開で、何度も読み返しています。

出典:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1ADFW5D7LRDF1/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=4087476944

本を読んだ人からも好評価のようですね。ちなみにこちらが松坂桃李主演で実写公開の予告です。

スポンサードリンク

現在の新刊はあるの?

2018年4月5日に新作が発売となります。たぶん映画の公開時期と重なりますので、こちらも人気が出るでしょう。ちなみにこの新刊は先程の「娼年」のシリーズ3作目です。間には「逝年」というタイトルで第二部が発売されています。

https://www.amazon.co.jp/dp/4087711390/

まとめ

精力的に活動している石田さんですが、現在は独身のようですね。様々なメディアミックスにも登場して、トップクラスの作家の中でも特に忙しい方だと思います。

過去の作品である「娼年」は読んだことがありましたが、実写化されるとは思いませんでした。これを機に読み返して続編も見てみようと思います!



スポンサーリンク







この記事が気になったらシェアをお願いします、更新の励みになります。

フォローする