小暮春輝(ゴルフ)の身長や中学wikiプロフィールと所属クラブは?

こんにちは!今回は日本の若き天才ゴルファー小暮春輝さんについて♪

その圧倒的なフィジカルやゴルフ精神の起源、所属クラブなどのプロフィールをまとめてみました。

https://blog.goo.ne.jp/kitayatsugolf/e/de21507f9d2a1927a57e77532c4739c5

  1. 身長や中学は?
  2. wikiプロフィールと所属クラブは?
  3. まとめ

1「身長や中学は?」

まずは気になる身長などのフィジカルプロフィールをどうぞ♪

小暮春輝(こぐれはるき)

身長 178㎝

体重 72㎏

年齢 13歳(2018年4月現在)

ドライバー飛距離270ヤード

現在通っている中学については公表されていませんでした。というのも、この春入学したばかりの初々しい一年生。メディアでの露出が増えてくる今後に期待と言ったところでしょうか。

スポンサードリンク

2「wikiプロフィールと所属クラブは?」

さて、気になる経歴等の詳細ですがまだWikipediaには掲載されていませんでした。

しかし調べたところによると小暮春輝選手は父親が元プロ志望のゴルファーのようです。

その父親の勧めで3歳からグラブを握り初め、小学校に通いながら放課後は毎日ゴルフの練習。

小さな白球を遠くへ飛ばす競技に魅力を感じた小暮少年は熱心に特訓に励み続けたと言います。

そして恵まれた体躯は成長を続け小学6年生に上がる頃にはすでに身長170㎝オーバー。中学一年生に上がった今年の春には178㎝にまで身長が伸びました。

成長期に器具を使ったトレーニングはしないーーそれが、父・博則さんの考えでした。

スポンサードリンク

坂道ダッシュ・素振り・ステップイン。下半身と上半身をいじめ抜く地味なトレーニングの積み重ねを繰り返す。それが長距離のバッティングになる。

その信念の元親子二人三脚での特訓の成果、息子・春輝さんは成長期の成長を阻害することなく、178㎝もの立派な身長を手に入れ、そしてドライバーは中学生にして270ヤードとずば抜けた飛距離を飛ばす事に成功したのです。

そして小学六年生時に出場した関東ジュニアカップなど小学生以下の大会では軒並み上位入賞。2018年は4月18日、19日、20日開催のAbemaTVツアーiGolfShaperChallenge in 筑紫ヶ丘に参戦。最年少優勝を狙うという強気なコメントとそのフィジカル・ドライバー飛距離が話題になっています。
しかしツアー初日はスコア17オーバーでダントツの最下位と厳しい様子。
二日目、三日目の修正力が試されます。

3「まとめ」

いかがでしたか?

早くもプロの世界の辛酸を舐めるツアー初日、対応力が問われるスタートラインへと立った小暮選手。

夢のツアー最年少優勝のチャンスをあと3回残し、どんな爪痕を残せるでしょうか。今後も親子二人三脚、頑張る姿に期待です。頑張ってほしいですね♪♪

スポンサーリンク







この記事が気になったらシェアをお願いします、更新の励みになります。

フォローする