伊東妙子 ( T字路s ) の年齢wikiプロフィールと 歌とギターの評判は?

こんにちは!

伊東妙子さんというアーティストをご紹介します!

7月10日(火) 09:00 〜 13:00の

AbemaRADIOチャンネル STEP ONE

に出演されるアーティストで、

本当に素敵な歌声を持つアーティストなのでこれを機に、

ぜひ伊東妙子さんの曲を聴いてみてください。

元々知っていたよという方は、もっと詳しくなれるかもしれません。

それではまとめてみましたので見てみてください!

スポンサードリンク

伊東妙子さんのプロフィールは?

 神奈川県横須賀市出身の伊東妙子さん。

「T字路S」の画像検索結果

出典:フジロックフェスティバル

前のギターを持って歌っている女性が伊藤妙子さんです。

ベースの篠田智仁と「T字路s」というデュオで活躍されていて、

伊東妙子さんはギターボーカル担当。

パワフルな歌声を響かせます。

結成は2010年、元々別で音楽活動をしていたお2人が一緒に演奏した際に、

周りから「いいじゃん」「ちゃんとやってみれば?」と勧められ、

本人たちも2人で演奏すると調子が良かったということで

結成に至ったそうです。

その後、2015年にカバーアルバム「Tの讃歌」をリリース。

2016年には映画『下衆の愛』の主題歌として「はきだめの愛」を書き下ろし提供しています。

ブルースデュオと言われるT字路sですが、

伊東妙子さん自身はブルースへのこだわりは全く無いらしく、

その音楽もフォーク・ロックとジャンルの壁を感じさせないものです。

また、独特の歌い方に関しては、曲の物語の中に入り込んで歌っていると

こんな歌い方になるんですと本人が語っている通り、

伊東妙子さんの歌は、その曲の物語や世界観が聴き手にもしっかり伝わってくるものです。

音楽の評判は?

伊東妙子さんの歌の魅力は、

1番はやっぱりそのパワフルな歌声です。

迫力があり、胸に差し迫ってくるような、誰にも真似できない力強い歌声。

力強いだけではなく、抜くところは抜くという絶妙なバランス感。

その声で、メッセージ性の強い、パワーのある歌詞を歌い上げます。

その声を支えるような、魅力を引き立たせるベースの篠田智仁さんの演奏。

2人の音楽が本当に心に響きます。

スポンサードリンク

代表曲「泪橋」をご紹介します。

フジロックフェスティバルにも出演されているT字路s。

野外の青い空の下で聴く伊藤妙子さんの歌声はきっととても気持ちいいですよね!

フジロックフェスティバルのようなビッグフェスだけでなく、

小さなライブハウスやBARなど全国でライブをされているT字路s。

ぜひ生で伊藤妙子さんの歌声を聴いてみたいです。

今後の活躍にも期待ですね!

スポンサーリンク







この記事が気になったらシェアをお願いします、更新の励みになります。

フォローする