爆笑問題(田中裕二と太田光)に芸能界からクレーム! (櫻井・有吉THE夜会))

もうすぐ結成30年を迎える爆笑問題

クレームを業界内で調べたら多様な人たちから続出とのこと

爆笑問題のお二人のプロフィールも見つつ

番組を見ていきましょう!

スポンサードリンク

爆笑問題

案外知らないであろうエピソードを書いておきますか

結成そのものはもう少しで30周年のとうり、具体的には1988年3月

学歴というか日本大学芸術学部(日芸)演劇学科の同期

で田中さんは1学年上なんですが1浪して日芸の演劇学科に合格してます

でもコンビを組んだのは中退後だそう

コンビ結成のきっかけは細かくは語られていませんでしたが

デビューの方は語られてましたね

新ネタ発表会だったラ・ママ新人コント大会にてその場でスカウトを受けたんだとか

「お笑い第三世代と第四世代の狭間の世代の代表」

とまで言われ番組レギュラーを増やしていき

ボケとツッコミという正統的漫才として1役人気に

しかし1990年に所属事務所を一方的に辞めてしまいます

理由はスカウトした人物になにやらおいしい話みたいなのでそそのかされたかららしいですね

でもそこは恐ろしい芸能界、事務所からの制裁がありました

「仕事がまわってこない」

レギュラーもなにもかも降板されテレビからも姿を消す羽目に

怖い話だ、やっぱでかい力を持ってるとこって生かすも殺すもなんたらって感じ

当時のことについては「自分たちが全面的に悪かった」

「面白ければ仕事がなくなることはないだろうと思っていた」

って言ってましたからかなーりきつい思いしてたみたいですね

コンビニアルバイトやパチンコで生計を立てる時期もあった上に借金取りから逃げる為に居留守を使うなどまるで漫画みたいな展開ですね

スポンサードリンク

面白くないというかあまりにも悲惨だからそんな漫画見たくもないけど

でも漫才の仕事も結構やってたようで営業として数多くの予餞会でネタを披露したし

予餞会(よせんかい)ってのは学校行事で行われる催し物)

しかも日本一予餞会に出た芸人

事務所の力の届かないところにはちょくちょく出てたみたいです

そこから自らの芸能事務所「タイタン」を作ります

社長はなんと太田さんの

そりゃ事務所にいじめられた経験があるなら身内を置きますよね

そこからは再ブレイクまっしぐらGAHAHAキング 爆笑王決定戦で

10週勝ち抜き初代チャンピオンになりレギュラーやらも獲得

かつての活躍を取り戻していました

今では事務所の力も大きくライブの主催なんかもしてるくらいなんですけどね

長くなりましたが次のページから番組とプロフィール関連も行きます

スポンサーリンク







この記事が気になったらシェアをお願いします、更新の励みになります。

フォローする