本多千香のメルボルン事件の真相は冤罪ではなかった!?通訳も共犯?金曜プレミアム

こんばんは、管理人のsusuiです

今回は金曜プレミアムにてメルボルン事件が特集されます

なのであの事件について調べて少し考えてみました

過去の記事で麻薬の運び屋にされて

という本を読んだことで考察をしていた方々がいましたのでそちらも参考にしました

では見ていきましょう

スポンサードリンク

メルボルン事件

オーストラリアのメルボルン空港で日本人観光客らの所持するスーツケースから大量のヘロインが発見され、有罪判決を受けた事件

メルボルン事件のあらすじ
1992年6月

メルボルン空港で日本人観光客4人が持っていたスーツケースの中から約13キログラムのヘロインが発見される

そのスーツケースはメルボルンに向かう途中のクアラルンプールで4人のスーツケースが盗まれた

その後ツアーガイドから新たにスーツケースがプレゼントされた

4人はそのプレゼントされたスーツケースの中にヘロインが入っていることを知らなかった

この時点で運び屋にされていました
しかしその4人と同行のもう1人の合計5人がヘロイン輸入の疑いで裁判にかけられることになりこの麻薬を知らなかったことも信じてもらえなかった

逮捕された日本人観光客5名は一貫して犯行を否認、連邦最高裁まで争ったが、麻薬密輸の罪により懲役15年から20年の刑が確定

既に解放されていますがそれでも拘留されていた事実は消えません

で、今回獄中で過ごした女性が悲劇を告白するそうです

  • 事件に巻き込まれた7人の旅行者
    ・勝野正治さん
    勝野兄弟の長兄です。この事件や裁判の経過を詳細に記録した方です。
    ・勝野光男さん
    勝野兄弟の次兄です。兄弟思いの優しい人です。
    ・勝野良男さん
    勝野兄弟の1番下の弟です。この旅行の世話係でした。家族と子供達が帰りを待っていた
    ・A子さん
    光男さんの知人として旅行に参加しました。この事件で裁判を受けた、ただ1人の女性です。
    ・浅見喜一郎さん
    7人の中で、最年長の方です。
    ・B子さん
    会社の人の誘いで旅行に参加しました。C子さんとは学生時代からの友人です。裁判にかけられることなく帰国しておられます。
    ・C子さん
    B子さんから誘われて旅行に参加しました。B子さんと同じく、裁判にかけられることなく帰国しておられます。
    スポンサードリンク

なので今回紹介する本多千香さんはこのうちのAですね麻薬密輸の罪となっていましたが・・・

この事件は最初から冤罪ではなく最初から麻薬密輸事件なのではないかと言われています

なんでもこの事件以前に四男がが妻子とマレーシアを訪れた際に交通事故に遭い、そのお詫びとしての接待旅行

にもかかわらず妻子は同行せず、関係のない友人を旅行に招待

接待旅行なのに、旅行代金は自分で払って日程やツアー参加者が2,3回変更

企画した元暴力団員の四男がオーストラリア旅行の前に上野の雑貨店の店を閉めた

しかも四男と二兄が麻薬が出てきていないのに麻薬だと死刑になってしまうんだと発言していた

この言葉から元暴力団とその兄弟たちは確信犯なのではないか、ということです

私は当時の情報を掘っても分からないことが多かったのでこんなところでしょうか

次のページでは通訳について書きます

通訳も共犯だったのでしょうか?

スポンサーリンク







この記事が気になったらシェアをお願いします、更新の励みになります。

フォローする