社会

宮嶋康彦は天然たい焼きの写真家で東京大学講師!?天然と養殖の差は何?マツコの知らない世界

はいこんばんは

今回はマツコの知らない世界で出演する

天然たい焼きの世界担当の宮嶋康彦さん

たい焼きに「天然」と「養殖」があったり街からタイ焼き屋が消えることについての話やらを熱く語ります

でもどんな人かわからないですよね

なので今回調べてきました!

私と一緒に今回も見ていきましょう!!

スポンサードリンク

宮嶋 康彦 みやじま やすひこ

読みって案外わからないものですよね

一応書いておきました(´っ・ω・)っ

私も時々危うくなるのでね

1951年生まれだから生まれの今現在66歳か

2012年のインタビューではタイ焼きではなく長い間栃木県の日光を撮影していたみたい

写真と詩

写真と小説

写真とノンフィクション

写真の富と文芸の富

これらを融合して独自の表現形式を表現するのが得意で

1985年にドキュメントファイル大賞受賞をしているプロカメラマン

宮嶋康彦は天然たい焼きの写真家

こんなお堅い雰囲気を醸し出す宮嶋 康彦 (みやじま やすひこ)さんですがどうしてタイ焼き写真を撮るようになったのか・・・・?

その理由は結構単純で甘いものが好きな宮嶋康彦さんはある日に話のネタになりますかなと

適当に買ったタイ焼きで魚拓を取ってみたんだそうです

凄い思い付きですよね

ここからどんどん興味がわいて魚拓をとってみるとそれぞれのたい焼きに個性を見つけて

全国のたいやき屋をいつの間にか制覇していたとか

魚拓を取ったタイ焼きは墨がついた部分は干物にして保存

他はキッチリ食べているんだそうな

では次のページから東京大学講師だという宮嶋康彦さんとタイ焼きの天然と養殖の差を見て行きましょう!
1 2