シンガーソングライター

さユりの本名や出身高校は?かわいいけど彼氏はいるの?

こんにちは!

「酸欠少女さユり」のキャッチコピーで10代20代を中心に人気を集めている、さユりさんを知っていますか?

今回は2.5次元パラレルシンガーソングライターを名乗る酸欠少女さゆりさんの出身学校や本名についての詳しいプロフィールを始め、彼氏がいるのかをまとめました。

 

出展:https://twitter.com/taltalasuka

 

<目次>

  1. さユりの本名は?出身高校はどこだろう?
  2. 現在(2017年)さユりは彼氏がいる??

スポンサードリンク

さユりの本名は?出身高校はどこだろう?

まずは簡単に酸欠少女さユりのプロフィールを見ていきましょう。

活動名は「さユり」で酸欠少女さユりの名称で活動しています。

本名は公開されていないのですが、以前のツイキャス放送で出身中学の福岡県にある母校を訪問した時にセーラー服に名札が付いたそうです。

名札には「○○さゆり」と書かれていて、苗字の部分は隠されていたものの名前はひらがなでさゆりと書かれていたそうなので、本名は名前が「さゆり」であるようです。

1996年6月7日出身の福岡県福岡市東区志賀島出身の今年21歳になるアーティストです。

身長は150cm弱と小柄ながら、突き抜けるような歌声で聞いている人の脳みそに直接響くような声が特徴的です。

キャッチコピーの酸欠少女の由来ですが、ちょっと違った感性や価値観を持って生きていることに優越感を持ちながらもその大きさと同じ程のコンプレックスを抱いている「酸欠世代」の象徴として酸欠少女と名乗っているそうです。

「活動はSNSやWebを軸とした2次元を中心とした活動」と「ライブを軸とした3次元の活動」が混ざり合って酸欠少女さユりの活動となることから、2.5次元で活動をしていると表現されます。

酸欠少女さユりさんの音楽の成り立ちは実はジャニーズアーティストであることはかなり有名です。

関ジャニ∞さんがアイドルなのにバンドをしていること、さらには作詞作曲をしていることに感心した小中学生時代のさユりさんはギターに興味を持ち曲を作り始めたそうです。

高校時代には地元である福岡市を中心に「あすか」の名義で二人組弾き語りユニット「LONGTAL(ロングタル)」のギターや、「夢雨(むう)」のギターボーカルとして路上やライブハウスなどで活動をしていたそうです。

詳しい高校の情報を調べてはみましたが正確な情報はわかりませんでした。福岡市に住んでいたことから福岡市にある高校だったのではないかと思います。

高校の詳しい情報はないのですが、路上ライブやライブハウスでの活動をしていたこの時期に高校を中退したのは確かなようです。

スポンサードリンク

2012年に「The 5th Music Revolution」のJAPAN FINALにさゆり名義で出場し、参加した4123組の中から出場最年少の15歳でグランプリを受賞しました。

これをきっかけに2013年に上京し、2015年には1stシングル「ミガヅキ」をリリースしメジャーデビューを飾ります。この曲を皮切りに3曲がノイタミナ枠のアニメのエンディングテーマとして起用されています。

2016年にリリースした4thシングル「フラレイガイガール」はRADWIMPSの野田洋次郎さんによって楽曲提供・プロデュースがされています。

この提供なのですが、スタジオにいた野田洋次郎さんが隣のスタジオにいたさユりさんの歌声を聞いたことで決まったそうです!

2017年には5thシングル「平行線」が自身初のドラマタイアップ曲となりましたし、1stアルバム「ミカヅキの航海」をリリースしたりと勢いに乗っています。

現在(2017年)さユりは彼氏がいる??

酸欠少女さユりさんの今後の活躍も気になるところですが、彼氏がいるかどうかもかわいいので気になりますよね。

現在の彼氏の情報について調べてみましたが詳しい情報は得られませんでした。

ですが元彼がいたという噂はありました。お相手は以前組んでいたバント「夢雨」のドラムとのことです。

こちらの噂をチラホラと見かけますが決定的な証拠はなかったので、噂は噂のままなのかもしれませんが…。

 

現在はアニメ主題歌での活動が多く見られる酸欠少女さユりさんですが、野田洋次郎さんも認める歌声の持ち主ですし、今後の活躍がとても期待できるアーティストなのではないでしょうか!